キャッシングの際に気を付けるべき事【お金で役立つ記事】

公開日: : お金 , ,

お金に関する役立つ記事

突然病気になった、急にデートの約束が出来た、どうしても欲しいものがあるなどキャッシングを利用する理由は様々ですが、どうせなら少しでもお得に利用した方が良い事は間違いありません。そもそもキャッシングは「借金」ですので、予備知識も無く利用してしまうと大きなトラブルの原因となる危険性もあります。そこで、具体的にどうすればお得にキャッシングを利用することが出来るのかについて紹介していきます。

キャッシングを利用するうえで「何をお得の基準とするか」は意見が分かれるポイントではありますが、多くの方がお得と感じやすいのは「金利」に関する内容です。キャッシングを利用する際にはほぼ必ず金利が関わってきます。そこで、「如何にして金利を安く抑えるか」が大切になります。

金利は各社共通で設定しているものでは無く、それぞれの消費者金融や銀行によって独自の数値を設定しています。上限こそ決まっていますが、その範囲内であれば殆んど自由に決めることができます。一般的に消費者金融の場合は5~18%、銀行の場合は3~15%程度となっている事が多いです。数値だけでみるとあまり変わらないような印象を受けるかも知れませんが、実際に利用してみると1%の違いが大きな差になってくることが分かります。

例えば、50万円の借り入れをそれぞれの金利(18%、15%)で行った場合の返済イメージは次の通りです。まず、18%で利用した場合に年間の利息は90,000円です。月々の返済利息となると7,500円となります。次に15%で利用した場合には年間の利息は75,000円、月々では6,250円となります。この状態でも15,000の差があります。

実際には月々の返済を行っていく上で元金は減っていきますから、実質的な年間の利息額はそれよりも少なくなります。ここでキャッシングの仕組みを理解する必要が出てきます。

多くのキャッシングが元金が変動した際には改めて利息を計算すると言う方法を取っています。その為、毎月の返済や新たに借入を行った時には利息が再計算されます。つまり、早く元金を減らすことが出来れば、その分トータルで支払う利息も少なくなっていく事になります。

仮に50万円を2回で完済した場合、18%金利では支払う利息は11,250円ですので合計は511,250円です。15%金利の場合は利息が9,375円、合計で509,375円となります。単純に約2,000円程の差が出てきます。これが長期間になればなるほど、実際に発生する利息額は多くなるためその影響は大きくなってきます。

逆に早く完済すればするほど発生する利息は少なくなるため、それぞれの差は小さくなりますが実際の金利(支払った利息に対して)は低くなります。上記例で言えば11,250円と9,375円ですから、それぞれ2.25%と1.87%です。

キャッシングを利用する際には、出来るだけ低い金利設定のものを利用し根本的な利息を減らしつつ、なるべく早く完済することで更なる利息削減を目指していく事が非常に大切です。これを効果的に行う事が上手にキャッシングを利用する為のポイントです。

メタ情報

スポンサードリンク

関連記事

no image

お小遣い稼ぎの一案

日々家系に追われる毎日。 時には贅沢もしたいと思うけれど、なかなかそんな事も言っていられない。

記事を読む

メタ情報

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

メタ情報

スポンサードリンク

no image
お小遣い稼ぎの一案

日々家系に追われる毎日。 時には贅沢もしたいと思うけれど、なかなかそ

no image
引っ越し業者の選び方と費用を抑えるポイント<引っ越しの際に役立つ記事>

引っ越しの際に役立つ記事 引っ越しは思った以上にお金がかかる事が

no image
キャッシングの際に気を付けるべき事【お金で役立つ記事】

お金に関する役立つ記事 突然病気になった、急にデートの約束が出来

→もっと見る

PAGE TOP ↑